忍者ブログ

迷路探索記

人生って迷路に似てるんじゃないかな。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

万年筆の可能性

この為の第一歩として、まずはGペン等の道具を文房具屋で探してみる事に。
流石にボールペンで描くのはいけないですよね…
それに、家にあるボールペンだと線の強弱がつけにくいです。
確かに、カメラで撮ってーの線画抽出してーの色塗ってーのしてる段階ではまだアレで大丈夫ですが(それでも厳しいものがあるけど)
本を描くってことはほとんどアナログになるわけですから、多少は強弱を付けられないと嫌です。
え、私が強弱付けられても大差無いですって?


と、いうことで文房具屋へ。
ペン先をとっかえひっかえ出来るのも、色々な種類のペンがあるのもぼんやりと覚えているのですが、
やはりよく分かりません。
Gとクロームさえ買っておけば上等なのか…?

ペン先を前に悩むこと数分、
「もうスキャナ様が読み込んでくれるならボールペンでも良くないですか?」などと思案してみたり。
いや、ダメだろ、ダメだろ自分。


そこで友達の一言。
「万年筆は?」

…万年筆?
え、いや、確かに、ペン先がちょっと似てますけど…

結局、万年筆を借りて試してみる事にしました。今は万年筆待ちです。
自分でそういう判断を下しておいて言うのもなんですが、万年筆を使う絵師ってどうなの…?
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

アーカイブ

プロフィール

HN:
芝 & あや
性別:
非公開
自己紹介:
二人で共同運営。ごめんなさい嘘です。
どこかで見たことあるような気がするってのは気のせいかもしれませんし気のせいじゃないかもしれません。

もにょもにょと狭い範囲でネットをうろついています。

最古記事

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア